人妻…なんていい響きなんだろう。人妻っていう言葉には何かいやらしい雰囲気が漂っていて、とてもエロイ妄想をかきたてられる。大の男が恥ずかしいが、毎日そんなことを想像している。たぶん他人の女だから魅力的なんだと思う。人のものが良く見える、隣の芝生は青く見えるのは俺だけないはずだ。人のもので簡単に手に入らないと思えば思うほど、さらに手に入れたくなるものだ。それに酸いも甘いも知り尽くしているという感じがまた魅力だ。ある程度経験を重ねているし恥ずかしいことだってしてきているだろう。そんな女だからこそより隠微な感じがして堪らない。それに俺は結婚が早かったから妻以外の女をあまり知らない。悪いことだと分かっているが、この歳になって他の女を知りたくなった。

 

かといって若い女には興味がない。たまに仕事仲間とキャバクラに飲みに行くことがあるが、若い女は全く面白くない。話していることも訳が分からないし男を立てるという事も全くしない。それに全然エロスを感じない。もちろんセックスしようと言われれば断ることはないが、俺から誘うという事は絶対にない。やっぱり色々と経験を積んでいる人妻と出会いたい。

 

それに人妻ならお互いに家庭があるから関係を持っても内緒にしてくれるだろう。妻に愛はない。だけどばれて面倒な事にだけはなりたくない。相手が人妻ならきっと同じことを思っているだろう。浮気はしたいけど家庭は壊したくないという女が、俺にとっては一番合っている。言い方は悪いが都合の良い時だけ求め合い遊べる女というのが一番だ。特にセックスレスで性欲が溜まっている女が最高だ。妻とはできない過激なセックスができるに違いない。どうしたらいい出会いが見つかるものか…